事業紹介

主な事業紹介

低空頭鋼管杭工法

低空頭用回転圧入機により、先端に掘削ビットを取り付けた鋼管を、掘削水を利用して回転圧入し、支持層に貫入後、先端をセメントミルクで根固めする中掘り工法により行う。

超低空頭場所打ち杭工法

大変狭隘な施工箇所において場所打ち杭を施工する超低空頭場所打ち杭削孔機による工法です。

孔壁防護併用場所打ち杭工法

線路に近接する箇所での場所打ち杭工事における孔壁の崩壊による軌道への影響を解消するため、孔壁の防護と場所打ち杭の掘削を同時に施工できる工法です。

地中連続壁工法

地中に掘削した壁坑内にH鋼や鉄筋篭を建込み、コンクリートや掘削土を再利用したソイルセメントを打設して地中壁を構築する工法です。

多軸オーガー工法(KMS工法)

一工程で2本同時に山留を築造するもので各削孔穴がオーバーラップするため完全な止水壁となります。応力材も自重で挿入できる無公害工法です。また、多軸アースオーガーの精度を考え多軸案内装置を考案し、削孔時における垂直性、あるいは孔曲がりを防止するように改良されています。

地中鋼矢板建込工法(TSS工法)

ベントナイト溶液を使用し、懸垂型クラムシェル(MHL)で溝形状に掘削し掘削完了後、固化剤(セメントミルク)を溝内へ充填し、原位置でエアーブロー攪拌を行った後、シートパイルもしくはH鋼といった応力材を挿入し土留め壁とする工法です。

JST工法

固化材と対象土量を原位置で強制的に混合攪拌を行い、地中に柱状の固結体を造成する無公害工法です。

BH工法

TBH工法

シートパイル圧入工法

オールケーシング工法

アースドリル工法

カテゴリー:  

コメントを書く







コメント内容


トラックバックURL